乳酸菌で病気予防

乳酸菌とオリゴ糖の効果

乳酸菌は微生物の一種であり、オリゴ糖は糖です。
この2つが我々の腸内にて重要な働きをしていることがわかっています。
まずは、それぞれどのような特徴と効果があるかを理解しましょう。

乳酸菌の特徴とその効果とは

乳酸菌は炭水化物を発酵し消費されたブドウ糖から多くの乳酸を生み出す能力のある腸内細菌の総称です。
乳酸菌は整腸効果があることで良くしられています。
また、食事で摂取した乳酸菌はほとんどが胃などの消化液によって死滅しますが、腸内で善玉菌の餌となり、善玉菌の増加に貢献します。
一方、腸まで到達した乳酸菌は免疫細胞の分泌に効果があり、病原菌の増殖を抑えるとともに酸を出して悪玉菌の増加を抑える効果があります。
このように、乳酸菌は腸内環境の改善をサポートする役割を持っています。
しかし、摂取した乳酸菌は腸内に長くとも1週間ほどしか留まれずに便として排泄されますので継続的に摂取する必要があります。

オリゴ糖の特徴とその効果とは

オリゴ糖は糖などがいくつか結合した糖の総称であり、カロリーの低い甘味料として使用されています。
オリゴ糖は乳酸菌と異なり、胃などで消化されずにほとんどオリゴ糖が腸内に到達して、乳酸菌・ビフィズス菌などの善玉菌の餌となって、善玉菌と増加させるとともに乳酸菌・ビフィズス菌から酸を出して悪玉菌の増加を抑える効果があります。
このように、オリゴ糖は乳酸菌より効率的に腸内環境を整備する整腸効果があります。

乳酸菌とオリゴ糖を一緒に摂取するどんな効果があるのか

乳酸菌などの善玉菌を増殖させ腸内バランスを正常化することをプロバイオティクスと呼びますが、オリゴ糖のように善玉菌の餌となって善玉菌を間接的に増加させて腸内バランスを正常化することをプレバイオティクスと呼びます。
まさしく、乳酸菌とオリゴ糖は腸内環境改善のためのパートナーともいえます。
乳酸菌を毎日の食生活で継続的に摂取したとしても、微生物である乳酸菌は餌を食べなければ増殖できません。
その乳酸菌の餌となるのがオリゴ糖であり、お互いの働きによって腸内環境改善の相乗効果を発揮することになります。
これらの乳酸菌とオリゴ糖を含む食品の中で人間に対しての整腸効果の有効性と安全性を厚生労働省が認めた食品は特定保健用食品(トクホ)として認可されています。
水溶性食物繊維を含む3種類の成分が含まれる食品の中でトクホに認定されると「特定保健食品マーク お腹の調子を整える」の表示を商品に貼付することができます。

加工食品の場合は、トクホマークの付いた食品を選んで食べるのが手軽で良い方法です。
しかし、最もおすすめの摂取方法としては乳酸菌・ビフィズス菌入りのヨーグルトとオリゴ糖と多く含むバナナ・はちみつ・大豆を一緒にミキサーにかけてジュースにして飲むのが効果的です。
このジュースを飲むことにより、オリゴ糖が乳酸菌・ビフィズス菌の餌となり効率的に腸内に到達することができます。
なお、整腸効果があらわれるまでには2週間ほどかかりますので、ぜひ継続的に摂取してください。