乳酸菌で病気予防

口内にも乳酸菌

口の中にはどんな細菌がいるのですか

人間は生まれる前の母親の胎内にいるときには、口の中には細菌はいません。
実は胎児のいる羊水は無菌状態なのです。
ところが、生まれてからは母乳を飲んでいるときには母乳に含まれる善玉菌である乳酸菌によって守られていますが、離乳期を過ぎると母親とか周りの人から細菌を口の中に取り込み、多くの口内細菌が住みつきます。

大人の口内細菌は300~700種類に及ぶといわれており、その数は歯磨きをしっかり行う人でも1000~2000億個あり、ほとんど歯磨きをしない人は約1兆個の細菌が住みついているといわれています。
朝起きた時に口の中にねばねば感、または口臭がある人は口内細菌が爆発的に増加しています。
それでは、どんな細菌が口の中にはいるのでしょうか? 口の中の細菌の状態は腸内にある細菌の状態と同じような腸内フローラにあたる口腔内フローラが存在しています。
多くの善玉菌・悪玉菌・日和見菌が花畑のような細菌の集まりを作りバランス良く住みついています。
その中でも口内細菌特有の代表的な悪玉菌を紹介します。

  • ジンジバリス菌
  • 歯周病の原因となる菌であり、タンパク質・糖を餌として増加し歯肉を壊して炎症を引き起こします。
    食べかすが歯と歯肉の間に挟まった部分に住みつきます。

  • ミュータンス菌
  • 虫歯の原因となる菌であり、糖分をもとに多くの乳酸を出して歯の表面を溶かします。
    よくいわれますが、母親の口の中にミュータンス菌が多くいると子供に移り虫歯になりやすいという研究報告もあります。
    これ以外にも黄色ブドウ球菌・緑膿菌・肺炎桿菌・インフルエンザ菌・ガンジダ菌などの常在菌も住みついており、からだの免疫力が低下したときにこれらの菌が増殖して様々な病気の原因となります。
    腸内環境と口腔内環境との大きな違いは、口内細菌は簡単に血液に入り込め、肝臓によって解毒されずに直接からだの中は運ばれるという点です。

    口の中の乳酸菌の種類と役割

    口内細菌を取り除く働きをするのが唾液ですが、この唾液の中に含まれている乳酸菌が抗菌作用と同じ働きをして、歯周病菌などの悪玉菌を取り除いていることが最近の研究でわかってきました。
    唾液の分泌量は30代をピークに減少し70代には1日あたり0.5リットルというピーク時の3分の1の分泌量になります。
    これに伴い、唾液中の乳酸菌の量も減少することによって、50歳以上の方の50%は歯周病にかかっているといわれています。
    この乳酸菌の中でも次の4つの代表的な種類が効果を発揮していることが見つかっています。

  • LS1(ラクトバシラスア属サリバリウス種T12711株)
  • 2006年に日本プロバイオティクス学会にて東海大学グループが唾液中にある乳酸菌の一種であるLS1と歯周病菌であるジンジバリス菌を一緒に培養すると歯周病菌が24時間後にほとんど死滅したことを報告し、LS1の殺菌効果が立証されました。
    口腔内で最も活性のある乳酸菌といわれています。

  • ロイテリ菌
  • 乳酸菌の一種であるロイテリ菌は腸内環境にて病原性大腸菌O157の殺菌効果があることで知られていましたが、2002年の老年歯科医学会にて広島大学のグループが虫歯菌であるミュータンス菌の殺菌効果を培養方法で証明し、ロイテリ菌入りヨーグルトに虫歯菌の増殖抑制効果があることが立証されました。

  • L8020(ラクトバチルス属ラムノーザス種KO3株)
  • 2008年に広島大学のグループが虫歯になったことのない子供らの口の中から分離された乳酸菌を発見して、L8020と命名しました。
    L8020は、善玉菌を増加させ悪玉菌である虫歯菌・歯周病菌の増加を抑える働きがあることが判明しています。
    これを利用してL8020入りのヨーグルトを開発して、臨床研究によりその効果が立証されました。

  • WB21(ラクトバジルス属サリバリュウス種WB21株)
健康な口の中で発見された乳酸菌です。
口の中の虫歯菌・歯周病菌・ガンジダ菌の増殖を抑えるだけではなく、胃腸においてもピロリ菌の増殖を抑えることわかっています。

口腔内の乳酸菌は虫歯・歯周病・口臭予防に効果があり、食事から摂取する乳酸菌もおなじように効果が発揮できます。
これらの代表的な口内の乳酸菌は日本人によって発見されていることも驚くべきことであり、日本が乳酸菌研究の先進国であるといえます。