乳酸菌で病気予防

植物系の乳酸菌

乳酸菌にはどんなものがありますか

腸内環境の改善のために効果のある乳酸菌の名前はテレビのCMなどで頻繁に流されていますね。
しかし乳酸菌の「乳」から連想されるように、ヨーグルト・チーズなどの乳製品に含まれているのが乳酸菌であるとイメージされているのが現状です。
これらの乳製品に含まれる乳酸菌は動物性乳酸菌と呼ばれており、あくまで乳酸菌の一部です。
乳酸菌はその生育場所と由来により次の3つに分類されています。

  1. 腸管系乳酸菌
  2. 腸管内において生息している乳酸菌であり、消化液などの強い酸性に耐えられる力をもっています。

  3. 動物系乳酸菌
  4. 動物のミルク由来の乳酸菌であり、ヨーグルト・チーズなどの発酵食品に含まれています。

  5. 植物系乳酸菌
  6. 植物由来の乳酸菌であり、醤油・味噌・キムチなどに含まれています。

通常、腸管系乳酸菌は3日から7日ほどで便とともに排泄されてしまいますので、食べ物から動物系・植物系の乳酸菌を摂取する必要があります。

植物系乳酸菌の特徴とその効果とは

植物系乳酸菌は動物系乳酸菌と異なり、多くの食べ物に含まれています。
特に日本人が昔から摂取していた発酵食品である漬物だけをとってみても、代表的な野菜の栄養を含んだぬか漬けの「ぬか」には多くの乳酸菌が含まれています。
調味料として使われている味噌にも乳酸菌が豊富に含まれており、まさしく和食に使われる発酵食品は植物系乳酸菌の宝庫ともいわれています。
一方、日本以外でも韓国のキムチ・中国のザーサイ・ドイツのサワークラウトなど代表的な植物系乳酸菌の発酵食品が家庭料理として使われています。
この植物系の乳酸菌の特徴とはどんなものがあるのでしょうか。

  • さまざまな植物に含まれる糖を栄養源としている
  • 乳酸菌は糖を発酵して乳酸を生成しますが、動物系乳酸菌の場合は乳糖だけが栄養源ですが、植物系乳酸菌の場合は多くの種類の植物に含まれるブドウ糖・果糖・ショ糖・麦芽糖などの多糖類を栄養源としています。
    これによって多くの種類の発酵食品が生まれています。

  • 生きたまま腸内にとどく
  • 動物系乳酸菌は、摂取し消化器を通過する際に、強い酸性の消化液で死滅するものがほとんどです。
    しかし、植物系乳酸菌は他の微生物と共存する能力があり、酸性・アルカリ性への抵抗力・温度変化への対応力などの厳しい環境変化への適応能力があるため、腸内まで死滅することなく到達できます。

  • 日本人の体型に向いている
  • 日本人が欧米人と胴長短足なのは、日本人が昔から繊維質を多く含む穀物・野菜などの植物性食物を摂取していたことから腸内での消化吸収に時間がかかります。
    これによって腸が長くなり胴長になったのではといわれています。
    腸の長い日本人が欧米人と同じように肉類を摂取すると、長い腸内で腐敗してガスを出して悪玉菌が増加する腸内環境の悪化を引き起こすことになります。
    このような腸内環境を改善するためにも、植物系乳酸菌は生きたまま腸内に届いて善玉菌を増加させて腸内バランスを改善しますので、日本人には最適な乳酸菌といえます。

  • 乳酸菌と食物繊維の相乗効果がある
  • 漬物などの野菜を使用した植物系乳酸菌のメリットは食物繊維の摂取量がサラダなどと比べて多くとれることです。
    漬物は作るときに野菜の水分を取り除きますので、多くの野菜を使用することができます。
    この食物繊維と乳酸菌の相乗効果により善玉菌を増加させるプロバイオティクス効果により便秘などの腸内環境の改善を促進します。
    また、野菜には強い抗酸化作用をもつファイトケミカルという物質も含まれていますので、通常のサラダよりも多い野菜を漬物から摂取でき、生活習慣病の予防・改善に効果が期待できます。

    代表的な植物系乳酸菌とは

    我々の身近にある発酵食品の中にある代表的な植物系乳酸菌を紹介します。

  • ラクトバチルス属コアギュランス菌(ラブレ菌)
  • 京都の名産の漬物である「すぐき漬け」から発見された乳酸菌です。
    この効果は便通改善効果・過敏性腸症候群の症状改善効果がありますが、ラブレ菌の特徴的な働きは腸の中にある免疫担当細胞を活性化してインターフェロンの産生する能力が高いといわれています。

  • ラクトバチルス属プランタラム菌
  • ぬか漬け・しば漬けに使用されている乳酸菌である、キムチ・サワークラウトにも含まれており、独特の酸味をつくりだしています。

  • テトラジェノコッカス属ハロフィス
  • 味噌に多く含まれており、塩分に対する抵抗力があります。

  • ペディオコッカス属ペントサセウス菌
  • 塩分・酸性に非常に強い抵抗力がある乳酸菌であり、野菜の青臭さを消してまろやかにします。

日本は世界一の漬物大国といわれていますが、最近は、食文化の欧米化の浸透によって日本古来の漬物・発酵食品の良さを忘れがちです。
もう一度日本の食文化を再認識し植物系乳酸菌と動物系乳酸菌をバランス良く摂取しましょう。
最近では、多くの種類の動物系・植物系の乳酸菌サプリメントも市販されていますので、試してみてはどうでしょうか。